相澤優子BLOG

アクセスカウンタ

zoom RSS バスケマジばな。1

<<   作成日時 : 2008/01/29 22:58   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 24

今日は書きおきしていた話を載せます。
バスケを毎日している中で、感じたことを書いています。

かな〜り語っているので暇な人にだけに限ります(笑)

あるバスケ選手の独り言がどこからか聞こえてきますけど?・・・くらいの勢いで読んでください。

反論、意見・・・聞こえませ〜ん(笑)


   



「○○は特別。自分とは違う。自分にはできない。」と思ったことないですか。

私も思ったことありますが・・・その後には、いつかそうなりたいなぁっ・・・とも思っていました。
しかし、この○○との自分との差に嘆くだけで、今出来ることまでやろうとしなくなっているのは如何なものかと。

「別格」と自分との違いを感じても、そこに追いつく近道はなく、
今、違うのは当たり前のことなのに。
今出来ることを精一杯することで、出来ることがひとつひとつ増えていくし、
コンスタントに力が出せるようになったら、発揮する場も多くなるはず。
誰もが少しずつ少しずつ・・・そうやってステップアップしていったのに。

階段だって一番上まで一回でジャンプしようとしても無理がある。
みんな一段一段、地味〜に上っていくじゃないですか。



    


確かにバスケ界には「なんでそんなことできるの」っていうプレーヤーがいます。

私も真剣に全力で守っているのに、それでも1on1でやられてしまう選手が何人もいます。
そんな時は「マジ、うめぇ」と闘いながら感心し、マジでDEFした分、クッソーって思います。

でも、今は巧みなプレーをする選手は、昔からそんな技術を身に付けていたのか。

「別格」と呼ばれる選手は最初から別格だったのか…。

確かにスキルの高い低いもあります。
でも、それだけで片付けられては、バスケを始めた時点で生き延びるかどうかはわかってしまうということです。
いやいや、それはプラス本人の努力が加わるはずです。

最初っから今のような頼もしいプレーをしていたと誤解してはいけないと思うのです。





例えばこんな話があります・・・。


   


いわゆる「別格」な選手は味方にもいました。
そう、誰もがご存知ミラです。



味方でも惚れ惚れしてしまうプレーをしていたミラは、間近で見ていた私も一目置く存在です。
辛い時に頼りになるプレー。根性充分。
ほんっとのチームの大黒柱っていうのはこんな人っていう見本のようでした。

いわゆる「別格」でした。

そんなミラが、例えば助言をしたとします。
それを「ミラさんだからできる。」と言う言葉で片付けてしまってはおかしいのです。

そう思うのであれば、ミラとは能力が違うのではなく、「思いの丈」が違うんですね。



・・・なんでこんな事を言うのか。

努力なしに「別格」にはたどり着かないし、いろんな思いをし、苦しんだ分、強くなっていったんだと言いたいからなのです。

私は長くプレーしただけに、今、活躍している(活躍していた)若い時代もこの眼で見てきました。

ミラがシャンソンに入社した当時も知っています。

1年目からスタメンで起用こそされましたが、実業団の洗礼を確実に受けていました。
ミドルシュートが苦手だったミラはDEFにボールを持った瞬間、1m程の間合いを取られていました。
ゴール下では負けるけど、中間からは打ってもいいよ…くらいの間合い。かなりの屈辱です。それが実業団の厳しさでした。

中川さんも「ミラが持ったら離れろ。」と言っていたのを覚えています。
当時、シャンソンは連覇中。
1年目のミラに負けたくないというチーム内の(いい意味での)戦いもありました。
そんな中でのチームのスタメン。プレッシャーは計り知れません。

でも、ミラはそこで負けず立ち向かったからこそ、精神的に強くなりもしたし、最終的には「別格」と呼ばれるまでになったんだと思います。

DEFに離されて打ったシュートが入らなくても、決して打つのを止めなかったし(普通は外すのが怖くなり躊躇します)、ミドルシュートの練習も人一倍していました。
自分が打ったシュートをリバウンドしに果敢に飛び込みもしていました。
(自分で拾ってゴール下でリバウンドシュートをすれば2点です。)


その姿を、私は昔、見ていました。

3Pも打てる今のミラからは想像もつかないかもしれませんが、紛れもない事実です。お世辞も言えないくらい最初はミドルシュートが入りませんでした(ミラ、ごめん。)
でも、ミドルシュートを会得したからこそ、さらに守りにくいプレイヤーになっていったのです。
ひとつ覚えたことで相乗効果を生み、覚えたのは、ゴール下+ミドル=2でも、プレーの幅は大幅にUPしたのです。

この話だってほんの一例でしかないのです。

このように様々な苦しい・苦い経験を積んだからこそ、今にたどり着いたのです。

それを順風満帆なバスケ人生を送ったと勘違いする若者が多い!


最近のミラしか知らない若手は、そうして培われた精神力を本来備わった強さと勘違いしてしまいがちです。

   
ミラだから出来ると思い、今、自分が乗り越えなきゃいけない困難から眼を背けているのではないでしょうか。
自分の出来ることに限りはあるし、同じにはなれないけれど、今は自分に出来ることをやっていけばいいですよね。

私も富士通時代、(矢野)りょうの神技的フェーダウェイ(フェードアウェイ?)をマネしたいって思って・・・ナショナル合宿で一緒になった時、チャーーンスって思って、
「教えて♪」ってお願いしてみたことありました。
リョウは「いいっすよ〜♪」ってコツ教えてくれたけど、・・・神技は神にしか無理でした。
未だにできません(汗)
でも、やってみないと諦めつかないし。
試してみただけでも偉いですよね。・・・ねっ?


なんて・・・ちょっと話が逸れましたが、

声を大にして言いたい。

最初から出来る奴はいな〜い

そして初めから自分は無理と思うなら一生無理。自分もそうなりたいと思えるなら、近づける。
活躍したい。スタートになりたい。
誰もがそう思うはずだけど、そんなことより今重要なのは、
「自分が求められていることは何かを見極め、自分に出来ることを精一杯する。」
それぞれ求められる役割は違うはず。
それが出来ることで次へのステップが踏めるのでしょう。
今出来る努力までできなくなる凹みはいらないのです。
必要なのは凹んでもそこから浮かぼうとする自分。




今思うと、自分も、中川さんの厳しさが有り難く…挫折を乗り越えた時に少しずつ強くなれた気がします。

今の苦しみを乗り越えれば、一回り成長した自分に会えるはずです。

    


今回、文章的には、ミラが昔できなかったことを暴露する必要はないのでは、と捉えられるかも、しれませんが、
そんな気持ちはまったくなく、
(あまりにもいろんなことができるだけに)
元から持っている、という誤解を払拭したかったからだし、身近な存在の例であれば、伝わりやすいのでは、という気持ちからこんな話をしたのです。
つまり、
今のミラのプレー・根性は、チームの大黒柱になるまでに(勿論なってからも)
挫折を繰り返し培われたものであって、備わっていたものでなく、築き上げられたものである、ということを理解してほしいという願いを込めています。

そして、それ以上に・・・
他でもない「これから」の選手への(戒めのような?)励まし。
がんばるのが疲れちゃってる選手へ。
辛いのは自分だけじゃない。
誰もが乗り越えた道なんですよ。
そう思うだけで少し力が湧きませんか


文章に込めた思いは・・・そんなトコです。

相変わらず簡潔にまとめられなくてすんません




 
    



今からは想像もつかないかもしれないですけど・・・昔は私も相当な泣き虫でしたからね。
ミニバス始めた当初はポニーテールで・・・ひとりで髪を結べないから、(泊まりの)合宿には行かないって泣くくらいでしたから(ばかですよね・・・)
いつからこんな凶暴になったのか・・・(笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス
かわいい

コメント(24件)

内 容 ニックネーム/日時
完全に納得です。そして猛烈に反省っす。痛いっす。
がんばって行こうって気になってきました。29歳からでも伸びると信じてやります!
諦めたらそこまでっすよね。

もうひと花咲いてみようと、今日のRIZUさんのブログで完全にスイッチ入れられました。

ありがとうございました。
愛知のバスケお馬鹿。
2008/01/29 23:46
いわゆる一所懸命ですね。一生懸命とはちと違いますね。
ホーレス
2008/01/30 05:57
今年43歳の自分(笑)。でも、いまだに上手くなりたいと思っています!が、凹むことも多い``r(^^;)やっぱり、努力すれば必ず報われるときがくると信じて日々精進・・・しているつもりなんだけど(苦笑)・・・だけど・でもは禁物ですね☆このリズさんからのメッセージは私のこども達にも見せますね☆共感したこと・感動した文章は印刷して、いつでも見られるようにしてるのでござる!テンション上がりました!もう、がんばるしかないっしょo(^^o) (o^^o) (o^^)o
まき
2008/01/30 08:53
初めてコメントいたします。遠い南の地よりいつも熱くひたむきな相澤さんのプレイに心を打たれ、応援させていただいている者です。感動しました!!月バスで実業団に復帰されるときのコメントにも涙しましたが、今回も、どストライクでした。ありがとうございます。37歳になってもバスケットができる環境に感謝しながら、これからも魂のこもった相澤さんを応援させていただきます!相澤さんの生き方が大好きです。
KEEP
2008/01/30 09:11
お疲れ様です。
チョーよく判りますよ。
私もコーハイに、仕事のスキルアップの話をする時に、よくこのような体育会的な話におきかえて話します。
その方がわかりやすいみたい。
このブログをみて、相澤さんが伝えたいと思ってる人の心にも響くと思いますよ。
人間だからまずは「頭の中」を変えるのが何よりも先ですよね。
全然話かわりますけど、最近感銘を受けた言葉は、歴史作家の塩野七生がローマ時代の闘将ハンニバルの生き方を見ていった言葉。
「優れたリーダーとは戦略、知性、勇気を兼ね備えただけでない。部下が自分がいなければと思わせる事に成功した人物である」(ちょっと記憶曖昧ですが)
かなり、なるほどぉ〜と思ったものでした。
私は思考錯誤しながらこういうものに近づいていきたいと思ってます。
タンタン
2008/01/30 11:16
良いお話です。
『最初から出来る奴はいない』っていうのは、どこでも語られることなんですけどね。。。
まず一段登る努力をしなきゃ、絶対追いつくことはできないのですよね。
けん坊
2008/01/30 12:18
先生〜先生のお言葉が胸にグサグサ響きました(;ω;)
“目標達成のために、今できることに最善を尽くす。”
これは私が高校生の時に掲げた理念です。残念ながら私はベンチウォーマーだった上に、前十時靭帯損傷のためプレーではチームに全く貢献できていませんでした。だからチームの雰囲気作りや、主力選手へのアドバイスやサポートに力を入れていた覚えがあります。そして数少ないチャンスは生かす!!
あの頃は自分ができることに必死だったな〜と思い出しました。ハッキリ言って、そうゆう気持ち忘れてました。
先生のおかげで思い出すことができました!ありがとうございます(^^)

ゆーきゃん
2008/01/30 14:20
リズさん、こんばんは。「暇」でしたから読んでみようと思い、読み始めましたが、読み終わった今、一回り自分が大きくなった気がします。今回の論文は、バスケットの選手のみならず、社会人や学生さん全ての人に人生の参考になると思います。僕も明日から、もう少し努力してみます。しかし、リズさんのポニーテールや泣き虫っぷりはどうしても想像できません、、、
タレイラン
2008/01/30 22:15
初めて、コメントします。
りずさんのプレーには、いつも元気を
もらいっています。
今回の言葉にかなり心に響きました。
私もスポーツをしていた事があったので、
そんなりずさんの言葉に共感を持ちました。
若い選手もっと頑張って欲しいです。
りずさんを目指して・・・
となりのととろ。
2008/01/30 22:16
マヂ納得しちゃいました。
私ゎミラさんのル-キー時代ゎ全然しらなかったんで…このブログでまたやる気がでてきました!

いろんな人ぉマネしたくて練習するんですヶド…イイ方向にいくのって少ないんですよね↓でも、それも自分にできそうなものぉやればぃぃんですよね!!

現役時代ゎミラさんのリバウンドとリズさんのルーズぉお二人みたいに頑張っていた時もありました

今すぐにでも練習したくなりました!
イイブログありがとうございます
ざん
2008/01/30 23:31
勇気が湧いてくるお話ありがとうございます!

ちょうど最近、あるプロになりたくて新しい事に挑戦し始めた25歳です。理想と現実のギャップに落ち込む日もありますが、リズさんの言うように、少しでも別格に近づくことはできる!!と信じて一歩一歩階段を上っていこうと決意を新たにしました。
気持ちでプレーするリズさんのバスケが大好きです!
ガーベラ
2008/01/30 23:53
本当ですね!とても共感します。スポーツの世界でも そうでなくても、人にとって一番大切なものが「気持ち」だと信じています。他人の価値観や考えを 直させる(?)覆させる(?)のは本当に難しい事です。が りずさんやミラさんのように「気持ち」でプレーする姿は言葉の何倍も説得力があるはずっ!!なんですが…。りずさんが伝えたいと願う若者にもいつかは伝わる日がくると信じたいですね!(口でそうは言ってても少しでも心に響いていれば…)スポーツ選手の場合、ファンの多さが単純にそ−ゆう事示しているとも思います。少なからず私は、りずさんに出会って「自分に正直に・素直に、謙虚に・貪欲に、努力する事・感謝する事・信じる事を忘れなければ、人は幾つになっても成長していける!!」と心底 思っています。何が言いたいかと申しますと…りずさんの存在にただ感謝っ!!☆です(^^)V
しかし…泣き虫りずさん(?)…意外過ぎます…。(^^)
コトコ
2008/01/31 02:50
素晴らしい長編詩を、ありがとう御座います。
暇ではないのですが、読んでしまいました。バスケットのことで書いてありますが、バスケットだけではなく、自分達の人生にとって、とても大切なことです。今度、子供達にこれを渡して話をしようと思います。できそうで、できないこと。判っていても、ふっと忘れてしまうこと。でも、いつも心のなかに置いて、絶対に忘れてはいけないこと。絶対にしないといけないことですね。ありがとう御座いました。いつも、1しか能力のない子が、1の能力を発揮したときは凄くほめるのですが、10の能力のある子が1しか力を発揮しないときは、めちゃくちゃ怒ります。自分の立場で、一生懸命に頑張らなくちゃダメですね。
nabe
2008/01/31 09:23
有名な日本画家の横山大観も、その人生は順風満帆ではなく、苦労の人生を生き抜いてきました。特に30代後半から12年間に、妻や娘ら肉親6人と死別し、親友や恩師を亡くし、自分の絵では新しい表現方法が避難をあび、経営破たんも加わって大変な苦労をしたそうです。しかし、「忍苦に忍苦を重ねたその頃の精進が、至らぬながらも今日の私を築き得た。」と語られたそうです。今回の記事と全く同じことだと思って読んでいました。「一流は一流を知る」といいますが、RIZUさんもミラさんも、超一流のバスケットプレーヤー・超一流の人間だと、思い知らされました。ありがとう御座いました。
これからも、お笑いと、格調高い記事と、いろいろ期待しています。当面、今週末のJYOM戦、素晴らしいゲームを楽しみにしています。チーム全員がこの気持ちで・・・!!!。
nabe
2008/01/31 09:31
自分が今できることがなんなのか、それを知ることも難しいけど、
そこで立ち止まっていても何も生まれないし。一歩一歩ですね。
自分にも戒めと励ましを頂きました(m_ _m) 若くないけどがんばろうっと!
選手の皆さんもがんばってください。
自分にできる精一杯で、応援し続けますよー
hiro
2008/01/31 16:09
なんか、ほんと泣けました・・・。
私は高校一年のバスケ部員なんですが、今のチームは全部で8人。実力も4部の下のほうで、あまり勝ったことがありません。ウィンターカップを皆で観に行った時も、正直世界が違うと思いました。そして、自分の中で諦めの気持ちがあったと思います。努力もしてないくせにどーせ無理だって・・・。頑張るって事が出来なくなってました。
でもこのブログをみて、すごく励まされてやる気でました。最初からできる人なんていないんですよね。初めから自分は無理と思うなら一生無理。自分もそうなりたいと思えるなら、近づける。
今自分が出来ることをやります。
リズさんに感謝です。これからも頑張ってください!!
マイコ
2008/01/31 18:51
暇だったんでじっくりと読ませていただきました笑笑゛

うちも同感です!挑戦してないのに出来ないって言っちゃダメですねぇ…
うちもディフェンスが苦手なんだけど冬の間速攻のために試合に出させてもらってました。出来ないなんて言ってられないですよ!!少しでも上達できるようにもっと頑張ろうって思いました!

明日は草薙でマラソン大会なんです♪去年よりも上を目指して頑張ります♪
シャンソンは明日は移動日かな?リーグ最終ですねぇ…白星で終われるょぅに応援しますねっ♪♪
basketLOVE☆
2008/01/31 20:12
子供の頃から作家になりたかった角田光代さんは、直木賞を受賞し圧倒的人気、実力を兼ね備えた現在でも、かつて自分が読書によって覚えた幸福を誰かに与えているかと考えると、自信がなくなる・・そういう不安を覚えながら書いていると、告白しています。

『夜更けにだれかが、私の本から顔を上げ、「ああ小説があってよかった」と、つぶやいてくれないか。7歳のとき願ったそのままの気持ちで、私は今も、作家になりたいと願い続けている』
こう結ばれていた文章の読後、真っ先にりずさんの事を思い出しました。女子バスケ界を代表するような選手になった今でも、ポニーテールだった時と同じ気持ちで、今も自分の描いた「バスケットボールの選手になりたい」と願い、努力を続けているその姿を。
今回りずさんの文を読み改めて、望む場所への近道はないと実感しました。

ちなみに私は昼夜問わず、「ああ、りずさんが体現するバスケットが見られて良かった!」とつぶやき続けています。リーグ最終、頑張って下さい。

エモリ
2008/02/01 09:05
>愛知のバスケお馬鹿。さん
それはよかったです(^^)
29歳・・・全然いけます♪
もうひと花・・・と言わず、2でも3でも!
>ホーレスさん
そうですね(^^)
一所の積み重ねが一生ってことになるんですかね?
>まきさん
私もです(^^)
でも、まきさん全然年齢を感じさせませんね!
ちょっとびっくりしました(^^;すみません)
お互い頑張りましょう。

RIZU
2008/02/07 20:52
>KEEPさん
コメント有難うございます。
長くバスケットができる環境、そして、身体。
本当に感謝!ですね。
お互い頑張りましょう(^^)
南の地・・・寒さで身体が痛い、とかないんですかね?うらやましいです(><)
>タンタンさん
共感していただき嬉しいです♪
「頭の中から・・・」ってのも、いくら周りが言っても、変えられるのは本人しかできないことですからね・・・。
>けん坊さん
凹んで立ち止まっているうちに差をつけられるほうがよっぽど悔しいですからね・・・。
RIZU
2008/02/07 20:59
>ゆーきゃんさん
怪我した時の話・・・凄いじゃないっ!!
思い出した・・・と聞いて私も嬉しい。
もう忘れないでね笑(^^)
>タレイランさん
読んで頂けて嬉しいです♪
でも、私も子供の時はあったのですよ(笑)
橋の下から拾ってきたと言われては泣いていました(笑)
>となりのととろ。さん
コメントありがとうございます。
共感していただけて嬉しいです(^^)
でも、目指すのは、ミラの方がオススメです(^^;)
RIZU
2008/02/07 21:06
>ざんさん
よかったです♪
でも、たくさんの選手を見てきたけれど、「マネをする」という発想を持つ選手って意外に少なくてびっくりしています。
私は原田裕花さんのマネをして速攻決まってからずっとその技頂いていますが・・・(笑)
ざんさんもいろいろチャレンジしてみてください(^^)
>ガーベラさん
コメントありがとうございます。
「あるプロ」・・・気になります(^^)
目指したことが達成できますように!
お互いがんばりましょう!!
>コトコさん
共感していただけて嬉しいです(^^)
私は自分の事のように喜怒哀楽を供にしてくださるコトコさんの存在に感謝!です。
おっと、鬼の目にも涙(笑)
RIZU
2008/02/07 21:14
>nabeさん
読んでいただいてありがとうございます。
常に現状に満足してはいけないですね。
でも、人間って欲も出てくるからずっと満足することってないように出来てるんですかね?
凄いっす。

>hiroさん
若くないとか関係ないです!・・・って思いたいです(笑)
お互いがんばりましょう!

>マイコさん
コメントありがとうございます。
・・・そうですね。
私も最初は突進することしかできなくて、ファールの殆どがチャージングでしたよ(笑)
それが今では止まれます!!・・・?
マイコさんも一歩踏み出してくださいね(^^)
お互い頑張りましょう!
RIZU
2008/02/07 21:22
>basketLOVE☆さん
そうですね(^^)
私もDEFできない上に・・・できないから?
DEF、全然興味なかったです。
それがある人の存在で変わりました。
いつかお話できればいいですね。
basketLOVE☆さんも頑張ってくださいね(^^)
>エモリさん
角田さんの話・・・凄いっす!
私も「またシャンソン観に来たいな〜」とつぶやいてもらいたい・・・と思い続けています。
貴重なお話ありがとうございます。
RIZU
2008/02/07 21:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
バスケマジばな。1 相澤優子BLOG/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる