相澤優子BLOG

アクセスカウンタ

zoom RSS 山形こぼれ話2

<<   作成日時 : 2010/06/06 20:52   >>

面白い ブログ気持玉 24 / トラックバック 0 / コメント 6

山形合宿の施設へいったときの話をもうひとつします




今年は例年より気温が低く、

私たちが行くときも、

クロスカントリーのコースは、雪が残っているかもしれないと

説明されていました。



しかし、現地に着くと、


「4kmコースまで雪が解けました」とのこと。



諦めていたクロカンのコースが使えるとなりゃー、


「はりきってメニューに加えましょ」となるわけです。




しかし、自分たちが知らないコースを

選手に走らせるわけにもいかないので、

トレーニング時間よりスタッフが早く出て

下見をすることにしました。




一緒に行ったのは、

金森さん(トレーニングコーチ)と

ロゼ(今年からスタッフに加わった新屋)と

陽子さん(トレーナー)と私の4人。


スズは選手と行動を共にするということで、別行動となりました。






地図を手に4人は、クロカンのコースへ。

画像




「最初の分かれ道は右だよ。」


「なんか、木とか落ちてるね。」


「石とかもあるねぇ。」





プラス、

雪解けすぐということと、

雨が続いていたということで、

足元が少々緩い。



「これ、足元危ないかなぁ…。」





しかし、クロカンを使えると一旦聞いてしまった以上、

スタッフとしては、


少々道が悪かろうが、

雪解けすぐで整備されていないだろうが、

諦めがつかないのです。





「なんとしても走らせる





その想いが

私たち4人のボランティア精神を芽生えさせました。



「まだ整備されていないみたいだね。

雪解け後、

自分たちが最初に使うみたいだし、

視察がてら、木とか拾っていこうよ。」



でも…



拾う木と石の多さに



ちょっとつぶやきも


はいってきました…。





「これでクロカンのコースとかって、いばらないでほしいんだけど。」



(4人中…約1名の台詞です。笑)




ボランティア精神のはずが、


約1名は「拾ってやってる」みたいな態度になってきました(笑)









進んでいくと、いよいよ道幅がやばい。



画像



「草が邪魔だよね。」



…が、それでも


やっぱり諦められないし




「なんとしても走らせる




更にボランティア精神…炎上



もう、手だけでは整備、無理



時間もないし、最終手段に出ました。





選手と一緒に

そろそろ施設に到着しているであろうスズに電話し、



「すず、施設の人にお願いして、カマとか持ってきて!」







電話を切ってからの4人は連携プレー。



コース中央くらいまで進んでいたはずなので、


私だけ来た道を戻り、


すずと合流することにし、


後の3人は、時間も押してるから


先に進んで、さらに整備することに。






「すず、こっちこっちー!」




歩いたコースを戻ると、すずの姿が見えたので、



手を挙げて合図しました。




すると、私の姿を見つけたすずが



大声で、





「ここ、違いますー







「えなにー
















「ここ、クロカンのコースじゃないですー、
















ただの山道ですー













理解するまでに少し時間かかりましたよ。





どうやら、クロカンのコースと思って歩いていた道は、



ただの山道









ただの山道って





そりゃ、木も石も落ちてるはず。


草だってボーボー生えてるわけだよ。










急いで残りの3人を呼び戻し、大爆笑。



「どおりでおかしいと思ったよー。」


誰も一言も口にしなかったのに、

違うと聞いてお互いが放った言葉。





どうやら「走らせたい」という


悪い?念


4人の冷静な判断を鈍らせていたのでしょう(笑)





ちなみに…

施設の人は、


すずの要請を聞いて、すぐおかしいって思ったらしいです。


「カマ?…カマ?」


クロカンのコースを想像してみても、

カマが必要な要素などなにひとつない。






正式なクロカンのコースに案内されて、


整備されているコースを見て、


4人はさらに爆笑しました。



「こりゃカマ…いらねぇーーー



施設の人が、「カマ」と聞いただけで、

違うところに迷い込んでいるということに

気づくのは当たり前でした






だって…






ほら…







画像



写真小さいですけど、


道幅は、


ただの山道の…約3倍です(笑)





画像







画像













テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 24
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
かわいい かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
更新されてるのを見た瞬間ゎ号泣だったのに
この記事読みながらめっちゃ笑いました

拾ってやってる感の1名ゎ・・・リズさんですか

やっぱリズさん面白〜〜い

最高のホメ言葉でしょ

メリ☆メリ
2010/06/06 22:12
勘違いィか間違えたままの行動もそこまでいくと、至極なボランティア精神とプラス思考ですねョフ
鍛えたいァその思いが荒れた山道をトレーニングロードに映したのでしょうか
ナウ泉ナウ
2010/06/07 10:38
リズさん最高っす。確かにこのこぼれ話は載せなければブログ終われませんね。でも、選手全員に『カマ持って集合ーっ!!』って指示出すまえに教えてもらってよかったですね。
タレイラン
2010/06/07 22:41
( ̄▽ ̄)
ユウハム
2010/06/09 23:14
やべーーー

マジでこの話ウケる


普通だったら、爆笑じゃなくて失笑ですよ…
いくら
2010/06/14 16:18
「走らせたい」という悪い念!?集中力の強さに笑えますね!!www
また読んで笑いましたw
デレシシ
2010/06/22 00:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
山形こぼれ話2 相澤優子BLOG/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる